ホルモンバランスの乱れとニキビ・吹き出物の関係

ホルモンバランスの乱れとニキビ・吹き出物の関係

ニキビというと思春期にできるものというイメージが強いですが、大人になっても体の状態を反映して発生するものです。

 

大人ニキビは体の不調を表すアラートのようなものですので、ニキビを見つけたら原因を探り対処することが必要です。大人ニキビの原因となる体の不調とは様々なものが考えられますが、ホルモンバランスの乱れによるものが多いです。

 

ホルモンバランスの崩れによるニキビ自体は男女どちらにも発生しますが、ホルモンバランスが崩れる原因は男女で大きな違いがあります。

 

女性は毎月生理がありますので常日頃ホルモンバランスが変動しているため、特に体に大きな負担をかけるようなことをしなくてもちょっとしたことでタイミングによってはホルモンバランスを大きく崩してしまいます。

 

人によって差はありますが、生理直前と生理中に特にホルモンバランスを崩す方が多いようで、その頃に決まってニキビが出ると自覚しており、諦めて対症療法に徹している人も多くいます。

 

 

生理によるホルモンバランスの崩れを、食生活や生活習慣を改善することにより緩和できれば、ニキビ発生だけでなく生理痛の辛さなども緩和できる可能性が高いです。

 

一方で男性のホルモンバランスが崩れるのは、徹夜をしたり暴飲暴食をしたり、体に大きな負担をかけるようなことをしたときがほとんどです。

 

大人になってから徹夜するとすぐにニキビが出る、と言う人は多いものです。また女性の更年期に相当する4〜50代の男性も男性ホルモン分泌が急激に減少し、ニキビが急にできはじめると言うこともあります。

トップへ戻る